長方形の面積にまで順序に拘るアホ教師

反順序派 「かけ算に順序が大切」というなら、「長方形の面積も横×縦ではいけない」とか言うのか?!
順序派  そんなわけないだろうが!極論を言うな。最初のかけ算導入段階で・・・・

 巷の「かけ算議論」で、よくありがちなやりとりである。かけ算議論に限らず、よくある。一方が、もう一方を批判するために、相手の意見を極端に適用することで、一般には受け入れがたい結論を導いて、「お前の意見だとこうなるぞ!」と言う「論法」

 開発計画があって、「自然が破壊されるからやめるべきだ」という意見に対して、「じゃあ原始時代の生活をするべきなのか!」というような類のこと。

 背理法に近いと言えば近いが、ちょっと違う気もする。

 冒頭の例では、順序派であっても長方形の面積まで順序に拘るのはナンセンスだと考えているし、反順序派もそのことは知っているから、「順序に拘ると、おかしなことになるぞ」と言っている。

 ここで、順序派が「当たり前だ。長方形の面積を横×縦にしたら、当然バツにすべきだ」と開き直ったら、答えに困るかも知れない。


 「長方形の面積を横×縦にするとバツにする教師」というのは、かけ算議論の中でしか存在しない架空の存在だと思っていた。世の中に泥棒は存在するが、「風呂敷背負って頬被りした泥棒」 
こういうの→http://www.eonet.ne.jp/~mnzbo645/keidoro.htm
というのが現実にはそう滅多には存在しないようなものである。

しかし、シーラカンスや国鱒の例もある。 「長方形の面積を横×縦にするとバツにする教師」は、想像上の産物ではなく現実にいるらしいことがほぼ確定した。しかも、複数いるようである。


http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/blog/node/1870
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
縦×横?横×縦?
ある方からのタレコミ。小4のお子さんが学校で長方形の面積を横×縦で計算したら減点された。学校に問い合わせたら,担任にも教務主任にも縦×横が正解と言われたとのこと。横×縦でも同じになることを自分で見つけたならば褒めるべきところを減点するようでは,創造性を伸ばすなというようなもの。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△



http://q.hatena.ne.jp/1197768804
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
「縦4cm横5cmの長方形の面積」
を求めるにあたって、「4×5」が正解で「5×4」は不正解(または減点)、としている先生も多いと思うのですが、その根拠はあるのでしょうか。(「公式と違うから」以外で)
(中略) 
当方、小学校勤務ですが、不勉強で今ひとつよくわかりません。
よろしくお願いします。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
小学校教員の書き込みです。「不正解(または減点)、としている先生も多いと思うのですが」ということは、そういう教師が割と普通にいるのだろうか???

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
研究編も確認したのですが、特に“たて×横”の起源とか、“横×たて”でも許されるとか許されないとかいう記述はありませんでした。
 
先輩に聞いてみたのですが、確実なことはわかりませんでした。
ただ、先輩は「式は逆にすべきではない」という見解でした。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
そんなアホな先輩に頼るなよ・・・

回答者のコメント
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
これ、実際に私が小学生のときに減点されました。減点だったか不正解になったかまではさだかではないですけど

そのとき、根拠として言われたのは「かけ算の順番には意味があるから」でした。でも、これは納得できないんですね。それなら、「違う意味で解釈しちゃならんのか?」と思ったんです。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
横×縦は不正解というアホ教師、いるんだね。



2ちゃんねる数学板より
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
こんな教師どう思う?
1 名前: kojiro 投稿日: 2001/07/19(木) 10:40
先日、朝日新聞の投書欄に書いてあったんですけど、ある小学生の女の子
が算数のテストで長方形の面積を求めよみたいな問題の答えを
式は横X縦としたら、先生に答えは○をもらい式はXの答案用紙が返って
きました。女の子は不思議に思い先生に訪ねると
「縦X横でしょっ!!」と怒られたらしい。
たしかにそうかもしらんけど、なんかその先生の事、
無性に腹が立ってしょうがなかった。
みなさんはどう思います。やっぱ先生の言う事は正しくて
おれと小学生の女の子が間違ってるのかなぁ。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

元ネタの投書を探すのに苦労した。図書館で朝日新聞の縮刷版を調べたが見つからなかった。
「やはり、2ちゃんねる情報はガセか・・」と思ったが、駄目元で図書館の職員にお願いして朝日新聞記事の検索をしてもらったら、あっさりヒットした。全国版ではなく、大阪版に載ったらしい。こんな重要な投書は全国版に載せるべきだ。

朝日新聞2001年7月15日朝刊 「声」大阪
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
納得いかない、算数のテスト
主婦 ○○○○(○○○市 40歳)
 返された算数のテストを見せながら、「お母さんが先生なら、この計算式を間違いにする?」と、小学5年の娘が聞いてくる。
 娘が納得いかないのは、「小数のかけ算」のテストの中の「長方形の花だんの面積を求めましょう」という一問で、式はバツ、答えにはマルが付けられています。先生に聞きにいくと、長方形の面積の出し方は「縦×横」でしょう!と言われたそうです。娘は「横×縦」の式を書いたため、不正解になったわけです。
 「横×縦」でも面積は求められるのにと思いつつ、娘は赤ペンで式を書き直しさせられたそうです。このテストは「小数のかけ算」という単元をどの程度把握しているかを知るためにされていると思います。公式通りではないと言うだけで、考え方に間違いがあるとは、私も思いません。
 解答欄には「数学的な考え方」がマイナス5点されていました。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


長方形の面積=横×縦 で誤答扱いする教師は、結構いるのではないかと疑念が生じてくる。

長方形でこんな具合だから、三角形の面積=高さ×底辺÷2 や 台形の面積=高さ×(上底+下底)÷2 に堂々とバツを付ける教師はもっと多いかも知れない。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/489491.html
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
公式通りに書かないとバツですか?役に立った:3件
質問者:summery 投稿日時:2003/03/04 22:09 困り度:
5年生のこどもがおります。
先日、算数のテストが返ってきたので間違いをチェックしましたところ、図形の面積を求める問題で、式にバツをもらっていました。
それは公式の通りに書いていなかったためです。
(底辺)×(高さ)を(高さ)×(底辺)と書いてバツでした。

私が小学生の頃は、こういう場合△をもらったり、○で減点されたりしてました。
きちんと答えを導きだしていても、わからなくて無解答、の子と同然にバツにされるのに納得がいかず、なぜバツなのか先生にお聞きしました。
すると、公式を習ったのだから、公式通りに書かないとダメなんです、と言われたのです。

そんなに「公式」というのは重要なのでしょうか。
(底辺)×(高さ)÷2 でも (高さ)×(底辺)÷2 でも、決定的な間違いだと思えません。。。(もちろん公式を理解した上での話ですが)

他の学校や、塾、受験などでは こういうケースはやはりバツなんでしょうか。
(私も、マルにはならないだろうとは思います)
どうか私に「公式通りにかかなければならない必要性」を教えてください。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

>私が小学生の頃は、こういう場合△をもらったり、○で減点されたりしてました。

そもそも減点するのもおかしい。

http://okwave.jp/qa/q2610718.html
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
三角形の面積の公式の順序について

小学5年生の図形の面積を求める問題です。
大きい三角形から小さい三角形を引いたくさび形の面積を求めるとき、
「大きい三角形の面積-小さい三角形の面積」のやり方にしましたが、数字を書くときに「底辺×高さ÷2-高さ×底辺÷2」としてしまいました。
答えは正解でしたが、式で減点されてしまいました。(テスト)
確かに公式は底辺×高さ÷2ですが、底辺×高さ=高さ×底辺なので釈然としません。
 やはり公式どおりに書かないとダメなのでしょうか。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
後日算数の授業があり、三角形の面積の復習問題が出たらしいのですが、先生が見回りながら、一人の生徒に底辺×高さの順序で書くよう指導していたそうです。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

三角形の面積は、2つの三角形をくっつけて平行四辺形の面積に帰着できる。平行四辺形は切り貼りして、長方形に帰着できる。三角形の面積のかけ算の順序に拘るのは、長方形の面積のかけ算の順序に拘るのと同等に馬鹿げている。



 面積に関しては、どう考えても、順序の拘りはナンセンスである。蜜柑を配る問題であってもナンセンスだが、面積の場合はナンセンスであることがより明白である。

 面積にまで順序に拘りバツや減点にするアホ教師がいること自体、かけ算の順序に拘る教え方の弊害だと思うが、この手のアホ教師は、「かけ算の順序」云々とは関係なく、そもそも教科書・指導書に書かれている公式と寸分違わぬ解答を書かせることが算数を教えることだと思っているのかも知れない。

 そうであるならそれはそれでやはりろくでもない教え方であり、そういう、自分の頭で考えることの出来ない教師に、「生徒に意味を考えさせるようにするには、かけ算の順序に留意させるといいですよ」などと言ったところで、ろくでもない授業に拍車がかかるだけだと思う。

 順序賛成派は、「面積にまで順序に拘るのは間違っている。順序を正しく使いこなせば、素晴らしい授業になる」というかもしれない。

 しかし、そういうことであれば、「順序なんかどうでもいい」という手法も、素晴らしい教師が実践すれば素晴らしい授業になるだろう。

 そもそも、順序の是非以前に、長方形の面積を横×縦でバツにするような人が教師になっているというのが恐ろしい話ではあるが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

一端の19歳
2013年08月28日 00:19
高校2年の数学iiあたりをやっていれば長方形の面積に
順番などないとわかるはずなのになぜそれを確かめないのですか?
小学校の先生だったら物事をもっと柔軟に考える能力を
養ってほしいです
外川
2017年01月05日 02:30
順序派の見解
3人に2個ずつ飴を渡すと幾つ飴が必要か?と言った問題の場合
2×3=6 の順になる
3×2=6 は不正解
では、解りやすく、飴1人分の数を"a"と代入、"人数を"b"と代入し、順序派と否定派によって以下の式の成り立ちに差異が生じる
① a×d=d×a
② a×d≠d×a
③ a×d≒d×a
順序派の答えは②、場合によっては③が成立
否定派は①のみが成立
数学に文章の並びも考慮したい、文法を無理矢理取り入れようとする順序派は単なる理想論者であり、数学には不向き
先の問題では飴の総数を導きたいだけなので、3個ずつある飴を2回に渡って配った時、飴は全部で幾つ?とも解釈できることから、問題提出者により解答が変化するなど、数学において在ってはならない愚作
通りすがり
2019年08月03日 22:15
私が小学校のときの先生は子供をイキイキと伸ばす厳格で素晴らしい先生でしたが、
厳格なスタイルだからか長方形の面積の掛け算の順序も厳格で、横×縦は減点でした。
教科教育(学問)も人格教育(生徒指導)も両方完璧な先生ってなかなかいないんだろうなー。
先生方には、どちらもあるべき姿になるよう、理想の教師に一歩でも近づけるように、努力と創意工夫を、楽しみながら行っていただきたい。

この記事へのトラックバック

  • オークリー サングラス

    Excerpt: 長方形の面積にまで順序に拘るアホ教師 算数「かけ算の順序」を中心に数学教育を考える/ウェブリブログ Weblog: オークリー サングラス racked: 2013-07-06 06:07